六甲アイランド

夕焼けの飛行機雲

 今日は快晴でしたが、日没後に飛行機雲が赤く染まってきれいでした。日没後、真っ暗になるまでは短い時間です。

Pb02543_4
赤く染まった飛行機雲はきれいでした。

Pb025446
日没後の六甲ライナーです。橋脚は赤色で照明されています。

| | コメント (0)

六甲アイランドの夜

 六甲アイランドの木々も紅葉しています。台風21号による風で葉っぱが飛ばされて、葉っぱがなくなっている木も見受けられますが、葉っぱがついている木はそれなりに色づいています。

Dsc_0479
紅葉していますが、葉っぱが少なくなっています。

Dsc_0489
六甲ライナーの橋脚。

| | コメント (0)

クフェアの花

 最近はクフェアの花がよく咲いています。クフェアは種類も多く花の色もいろいろあるようですが、小さな紫色の花をよく見ます。この花はメキシコハナヤナギともいうようです。

P1140814
小さい紫色の花がたくさんついているクフェアの花。

P1140817
クフェアの花はメキシコハナヤナギともいいます。

P1140808
バラが咲いていました。春ほど多くありませんが年中咲いています。

| | コメント (0)

六甲アイランドの夜景

 夜も蒸し暑い日が続いています。風がないので水面は鏡面になり、街路灯などがきれいに映っています。

Dsc_0434s
六甲ライナーの橋脚が水面に映っています。

Dsc_0442s_2
夜間で水が出ていない噴水に照明が当たりきれいに映っています。

Dsc_0446s
水路にきれいに反射しています。

| | コメント (0)

六甲アイランドの夜

 夜はちょっと涼しくなってきました。虫の声も一時より少なくなりました。

Dsc_0372
風がないので水路に明かりが映りきれいです。

Dsc_0354
木々も下から照明が当てられています。

| | コメント (0)

ギンナン

 六甲アイランドにあるイチョウの木にギンナンがなっています。風で落ちて踏まれると強烈な臭いを発しますが、実を拾って水につけておくと、果肉が腐って種を取り出せるようになります。
 イチョウの木には雌雄があり、雌の木は実を付けますが、六甲アイランドにあるイチョウ小粒です。

P1140638
ギンナンがなっています。拾う人は少ないです。

| | コメント (0)

スズメがいっぱい

 六甲アイランドにはスズメがたくさんいます。マリンパークにもたくさんのスズメが、かたまってとまっています。台風の影響で風がきつくスズメもたいへんそうです。

P1140537
階段のところにかたまっています。

P1140533
カメラを構えて待っていると近くまできます。

| | コメント (0)

六甲アイランドの夏祭り提灯

 六甲アイランドの夏祭り「サマーイブニングカーニバル」が8月26日(土)に開催されますが、前準備で水辺の上に提灯が吊られています。提灯の火が水面にゆらぎ情緒があります。六甲ライナーの橋脚を照らすLED照明とマッチしています。

130248
水路に提灯が写りおもむきがあります。

130344
六甲ライナーの橋脚がLEDで照らされています。色が変わります。

092611
日中は噴水になっている石山も照明できれいに見えます。

 

| | コメント (0)

手塚治虫展

 神戸の六甲アイランドにある神戸ゆかりの美術館で開催中の「手塚治虫展」を見てきました。誕生から逝去までのできごと、漫画家としての作品の移り変わりなど、漫画の原画を中心に構成されています。
 隣接するファッション美術館では今森光彦氏の「自然と暮らす切り紙の世界」と題した切り紙による造形展が開かれています。

P1140238
入口にある看板と人形。

P1140239
鉄腕アトムの人形。

P1140250
美術館の照明スタンド、壁面に模様が写ります。

| | コメント (0)

六甲アイランドのキスゲ

 六甲アイランドの歩道近くの植え込みにキスゲが咲いていました。ユリの花に似ていますが、細い葉が根本から出て、ユリの葉とは違います。この種類の花はいろいろな呼び名があるようです。

P1140122
植え込みに咲くキスゲ。

P1140125
赤のキスゲ

P1140126
黄色のキスゲ

| | コメント (0)