文化・芸術

中之島香雪美術館の茶室

 大阪中之島にある香雪美術館は朝日新聞の創設に参加し社長になった村山龍平氏の収集した美術品を展示している美術館です。今回は仏教美術に関する展示でした。
 ビルにある美術館の中に、茶室が建てられています。神戸、御影の旧村山邸にある茶室、玄庵をコピーして建てられた茶室です。ここは写真撮影がOKのところです。

P1170911
茅葺の茶室です。

P1170914
茶室の入り口部分。

P1170920
茶室の内部。三畳の客座です。

| | コメント (0)

大阪くらし今昔館

 大阪くらし今昔館は大阪市立住まいのミュージアムとして、江戸時代の大阪の街並みと、近代の大阪について展示してあり、中に着物コーナーがあり着物の貸し出しがおこなわれて、着物姿の外国人観光客が大勢来館しています。
 江戸時代の大阪は町屋の風景が実物大でつくられています。また、近代の大阪は建物などの模型が展示されています。

Dscf5969
明治時代の川口居留地の模型です。

Dscf5987
昭和23年ごろのバス住宅です。バスが復興住宅として使われていました。

| | コメント (0)

神戸ルミナリエ

 神戸ルミナリエが12月8日から17日の期間で始まりました。今年は22回目の開催で、神戸開港150年のため、例年に比べてパワーアップしています。
 

Pc087179
会場の入り口には塔と、アーチがあり豪華になっています。

Pc087799
東遊園地は円形でなく、巨大なドームとなっています。

Pc087956
東遊園地の会場の全景。この南側の噴水広場ではライブがおこなわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手塚治虫展

 神戸の六甲アイランドにある神戸ゆかりの美術館で開催中の「手塚治虫展」を見てきました。誕生から逝去までのできごと、漫画家としての作品の移り変わりなど、漫画の原画を中心に構成されています。
 隣接するファッション美術館では今森光彦氏の「自然と暮らす切り紙の世界」と題した切り紙による造形展が開かれています。

P1140238
入口にある看板と人形。

P1140239
鉄腕アトムの人形。

P1140250
美術館の照明スタンド、壁面に模様が写ります。

| | コメント (0)

風見鶏の館 北野異人館

 今日は寒いですが、天候がよく風もないので、北野坂にいきました。
 神戸の三宮から北へ行くと、北野坂に出ます。北野坂を上っていくと北野町広場があり、風見鶏の館があります。風見鶏の館はドイツ人貿易商のトーマス氏が住宅として建設した建物で、現在は神戸市が管理し、重要文化財に指定されています。
 このあたりは、外国人の観光客も多く、いろいろなイベントも催されています。すぐ近くにも萌黄の館があります。

P2120881
赤レンガの外観で屋根に風見鶏がついた特徴的な建物です。

P2120648
隣の北野天神社からは下に見えます。

P2120885
一階の応接室です。各部屋には暖炉があります。

P2120891
当時のトーマス家のようすがわかる写真が展示してありました。

| | コメント (0)

上海・多倫路文化名人街

 上海に多倫路文化名人街というところがあります。短い通りですが、郭沫若ら中国の有名な作家が多く住んでいたところです。日本人では魯迅と親交があり、書店をけいえいしていた内山完造なども住んでいました。
 今は、観光用に整備され、銅像が道端に置かれています。

Pc158870
多倫路文化名人街の門。通りの入口と出口に門があり散策コースです。

Pc159029
多倫路文化名人街の銅像、文化人が談笑しているところ。

Pc159016
多倫路文化名人街の内山完造の像。書店を経営していた人です。

Pc159021
虹口基督教会。1928年に竣工した中国風の教会です。

| | コメント (0)

神戸ルミナリエ2016

 冬の風物詩、神戸ルミナリエが始まりました。開催は12月2日から11日の10日間です。今年のテーマは「光の叙情詩」となっていますが、テーマを知って見ている人はあまり多くないと思います。

Pc028636
ルミナリエ会場の出発点。ここからアーチが始まります。

Pc028676
東遊園地のルミナリエのサークル。

Pc028720
ルミナリエのサークルの中はLEDでたいへん明るいです。

Pc028779
噴水広場では光のファウンテンがおこなわれ、ジャズのライブと光のショーが行われています。

| | コメント (0)

京都御所

 京都御所に行ってきました。京都は雨が降り、ときどき一瞬日が照るという天気で寒い一日でした。以前は、年二回の一般公開を除き、あらかじめ申し込みが必要でしたが、最近はあらかじめ、申し込む必要がなく、いつでも入れるようになっています。
 小雨の中を、傘を手にしての見学です。カメラのレンズに雨がかかり厄介です。

Pb098028_2
紫宸殿の前では、橘の防寒対策の工事がおこなわれていました。

Pb098011_2
橘は江戸時代の木で、寒さに弱く、防寒対策がいるようです。

Pb098022
建礼門、この門は天皇陛下と国賓はこの門からはいられます。

Pb098030
建春門、皇太子はこの門からはいられます。

Pb098111
京都御所の紅葉はちょっと早いようです。

| | コメント (0)

六甲アイランドの花

 温かい日が続いています。六甲アイランドを歩いていると、道端にいろんな花が咲いています。木々もあたらしい芽をふいているものもあります。ボケの花が咲きだしています。梅は長らく楽しめましたが、終わりに近づいています。

P1080668
ボケの赤い花が咲きだしていました。

P1080672
梅はほとんど散り、残りはわずかになりました。

P1080656
チューリップ畑は芽がだいぶ伸びてきました。

| | コメント (0)

大阪城の櫓

 大阪城の多聞櫓、千貫櫓、焔硝蔵が公開されていますので見に行ってきました。大阪城西の丸庭園は桜の名所ですが、今はひっそりとしています。大阪城の正面玄関にあたる大手口の多聞櫓は大きな櫓です。
 この櫓は嘉永元年(1848)に再建されて以来、明治維新や第二次大戦の空襲にも奇跡的に焼失をまぬがれた建物で、重要文化財に指定されています。

P3042621
大手口多聞櫓の外観。石積は巨石が使われています。

P3042355
多聞櫓の武者走り、右側には部屋があります。

P3042386
大きな部屋、70畳くらいあります。

P3042382
天井部分、大きな梁が使われています。

| | コメント (0)